日本ヨーガ療法学会

日本ヨーガ療法学会サイトはこちら

日本ヨーガ療法学会は現在、医師や臨床心理士、精神保健福祉士、ヨーガ療法士、ヨーガ教師など約2500人の会員により、ヨーガ療法の研究、普及活動が行われております。

設立は2003年、2009年からは一般社団法人となりました。

西洋医療、中医学、アーユルヴェーダ、漢方、鍼灸、あんま・指圧・マッサージ、ヨーガ療法、内観療法、アロマセラピー、音楽療法、ホメオパシー、気功、などそれぞれの良さを持ち寄り、ささえ合う医療を目指す(一社)日本統合医療学会とも提携するヨーガ団体としても活躍しています。

ヨーガ療法は伝統的なヨーガを科学的な研究をもとに、一般の人や疾患を持つ人でも安全にできるように改良して作られました。身体機能の回復を図るだけでなく、心の落ち着きや睡眠など精神的な健康を向上させる方法としても効果のある健康法です。生活習慣の改善や病気の予防、人間関係改善など、日常生活にも応用ができます。最近では、ストレス性の疾患、生活習慣病、介護予防や心の病にも有効であるとする研究報告が増え、現代医療的治療の補助療法としての効果が期待できるとする研究も増えています。

日本ヨーガ療法学会サイトはこちら