今手放すべきものは?

今、あなたが暮らしている部屋の中に
必要のない物はありますか?

サイズの合わない服?
使っていないブランドバッグ?
読み終えた本?
書類?
思い出の写真?

もしかすると
手放すべきものは
「物」ではないかもしれません。

固まってしまった気持ち
淀んでしまった人間関係
義務で参加している集まり
辛過ぎて、何度も思い出してしまうできごと
腹の立つ誰か

あなたのこれからに必要ないものは
もう、手放してしまいましょう。

①ひとりになれる空間を作ります。
音楽などはかけずに、静かな環境を整えます。

②紙とペン、鉛筆など筆記具を用意。
今後も書くワークがいくつもございます。
ワークのために、ノートを一冊用意するのも良いでしょう。

③目を閉じて、しばらくご自分の呼吸を感じます。
お腹や胸に手を置くと分かりやすいという方はそのようにします。
意識しなくても自然に息が出入りする様子を観察します。
呼吸が自発的に自然に行なわれていることに気づきます。

④準備ができたら、5年後のあなたを想像します。
あなたはどんな表情ですか?
誰と一緒にいますか?
どんな場所にいますか?
何をしていますか?
想像の中のあなたはどんな気持ちでしょうか?

⑤想像の中のあなたに必要な物、思い
シチュエーション、人間関係はどのようなものでしょうか?

あなたの心を「ワクワクさせるもの」
「それがあることで、うれしい気持ちがするもの」
「他の人が見たらどうでもいい物かもしれないけれど、わたしには必要」
「こんなシチュエーションだとエネルギッシュになる」
「穏やかな気持ちになるのはこんなとき」
などと、あなたが望む状態になるために必要なもの
状況を探して書き出していきます。

⑥何を書きましたか?
それは本当にあなたの望むものですか?

ちょっとひと呼吸

あなたが書き出したものを眺めてみます。

それは
あなたひとりにとってのしあわせですか?

それとも
それは
誰かのしあわせにもつながりますか?

ここで、ひとつ驚くべき事実をお伝えします。
実は、あなたが想像したものはあなたが創造できるものなのです。
既に、あなたが、あなたの内側に兼ね備えているものなのです。
そんなこと信じられない。そう思われるでしょう。
でも、これは本当なのです。
あなたの日々は、あなた自身の創造物なのです。

⑦さあ、それでは、最後に感謝の祈りをしましょう。
今現在、あなたはあなたが望む物を手に入れていないかもしれません。
それでも、それを思いついたことに感謝することはできます。
そして、今既に持っているもの、今現在の状況、環境に感謝します。

ワークはこれで終わります。

まだ信じられないと思いますが、あなたが感謝するものが増えていきます。
あなたが思いを向ける先が広がっていきます。
それなら、嫌な相手、苦手な場面、必要ないと思っているものや状況に意識を向け続けるよりも、あなたによろこびをもたらすもの、状態、環境、人間関係などに意識を向けてみませんか?

地味な作業ですが、効果は絶大です。
日々の小さな習慣があなたの人生を作り上げていきます。
大きな変化は必要ありません。
小さなこと、誰も気がつかないほどの小さな変化で充分です。
変化すらしていないかもしれません。

あなたは、今この瞬間、何を手放しましたか?